今の歯医者は昔よりも進化している

虫歯を甘く見ている人がいますが、虫歯は、甘く見ていいほどそんなに甘い菌ではありません。むしろ虫歯の菌は、想像以上に恐ろしい菌になっています。


虫歯が原因となって、死に至ることもあります。
ですので、たかが虫歯かだからと虫歯があるのに歯医者にも行かないでいると後になって大変なことになってしまいます。



虫歯の進行が進んでくると誰もがご存知の通りに歯に痛みを感じ出します。

この虫歯による痛みは、痛みの中でも最も耐え難い痛みとしても有名です。

我慢しようと思っていても我慢できない痛みに襲われたりすることがあります。
その痛みを抑えようとして、市販の痛み止めを飲んだとしても、効果は一時的にしか過ぎないので、時間が経てば、また歯に痛みを感じ始めてしまいます。

そして、今まで感じていた痛みも治まってきた頃には、歯の神経は死んでしまっています。


ですので、歯がスカスカの状態になってしまっているので、ちょっとした衝撃を歯に受けただけでも、歯が欠けたり、抜け落ちたりしてしまう可能性も高くなります。

歯医者が怖いという人はたくさんいますが、最近の歯医者では、患者さんに怖い思いをさせないように歯医者特有の消毒の匂いを軽減させていたり、患者さんが安心して治療を受けられるように痛くない治療を行っていたりします。



ですので、昔に比べると痛みを感じるということも少なくなっています。

これだけ、今の歯医者は進化しているので、虫歯は必ず治療して治してもらいましょう。